キャバクラ嬢を彼女にする殺し文句

posted in: 未分類 | 0

キャバクラ嬢はなりたくなったわけではありません。
短大や大学を卒業しても就職がないので仕方なくやっている場合が多いのです。
同じくらい稼げる仕事や、働かずに食べていく方法があればキャバクラの仕事はすぐにでも辞めたいと思っているのです。
ですから、「君に向いた昼間の仕事を世話してあげる。
いつまでもお水で働けないよ」っていうのはけっこうな殺し文句です。
その昼間の仕事が「自分のお嫁さんになることだよ。
」と言うのは切り札中の切り札、仕事に倦いた嬢ならすぐになびいてくれます。

キャバクラ嬢と付き合いたければ、まず彼女たちのことを正しく理解する

キャバ嬢と付き合いたければ、まず彼女たちのことを正しく理解する必要があります。
全般的にキャバクラ嬢と付き合いたいと考える男性は、軽い男が多いでしょう。
自分が軽いノリだから相手もそうだろうと考えるのはNGです。
彼女達のほとんどは、決して気軽に男に自分を許すような事はありません。
一番大切なことは、落としたい女がいるキャバクラに行って、指名したけれど他のテーブルについていてしばらく来られないような時です。
そういう時はヘルプで違う女の子がテーブルにつきます。
その子が好みのタイプでなくても、失礼な振る舞いをしたらアウトです。